アーミーのアジア大会予選



こんにちは

西原です


アジア大会1日目です

ブログ更新が遅れました


それはというと温室育ちの繊細ガール西原はインドネシアの逞しき地でサバイバル能わず、体調を崩しました

ここから得られる教訓は、海外レースは元気にレースを迎えたもん勝ち、です

私結構鈍感で逞しい方だと思ってたんですけどね

少しずつコンスタントにストレスを受け続け、消化不良と軽い熱中症になりました

レース前日には、予選レースを流して2日後の敗復にかけるとかなんとか、そんな話にまでなってしまいました

それでもいいけど、なんかそんなのダメ

日本で「頑張って」と声を掛けてくれた色んな人の顔が浮かびました


根性で体調が回復するなんて事は無いのですが、日ボとJOCの医療チームのお陰でレース頑張れるラインまで持ってきての今日の予選でした


予選の敵は中国だと目星をつけていました

カザフスタンの2人もそこそこデカイけど、まずは隣の中国


コースは大荒れ大逆風

スタート地点も激しくチャプってましたが、なんかめっちゃスタート決まった

荒れてるほど、程々に動こうと思うから逆にリラックスできてドライブを2人で柔軟に合わせられる

300メートルくらいトップを走った

いけんじゃね?と思い始めたころ中国がじわじわ伸びて並んだ

なんか安定してて上手い

スタートもあんまり飛ばさなかったのかな

隣を意識しながらも、出来ることをやる!と思った

キャッチは軽く鋭くコンパクトに入れる、一気に動いて整調と一緒に膝で突き放す

その繰り返し

繰り返しのなんと難しいことか


中国はどんどん伸びて見えなくなった

何度かオールが波に弾かれたが、事前に「弾いても三本以内で立て直そう」と話し合わせていたので、焦らずもう一度タイミング合わせて真っ直ぐ

カザフスタンを視界の端で眺めながら、とにかく確実にストロークを繰り返した

600〜1250まではコンスタント過ぎて何もイベントを入れなかった

崩した時に「次行こう」、
やや落ちた時に「リズム合わせて」

それくらい


1500過ぎでカザフスタンが全然近づいてこないので、「Final A獲った」と思った

でも油断するとすぐに繰り返しが崩れてしまう

案の定直後に一本腹を切り掛けたが、落ち着いて立て直し最後まで気を引き締めて漕いだ

最後はあまり上がらなかったが、きちんと漕げたレースだと思った


決勝ではこの安定さに加えて、飢えたケダモノのように食らいつくようなレースがしたい

とりあえず軽い頭痛の中頑張った自分よくやった


応援してくださった方ありがとうございました


あと藤原さんからは女子部に洗剤頂いたようでありがとうございました



ゆずちゃんのずくだせ日記 17

こんにちは!
いつの間にか月1ペースの更新になってしまいました杠です。
8月は頻度上げていこうかと思っていたけど気付けば半月経ってしまいました

時間経つの早すぎる!!



最近釜房での寝つきが最悪です。
週に5日寝るうちの3日くらいは寝れないです。

昨日も0:00過ぎまで眠れませんでした。
疲れすぎていて眠れなかったり昼寝しすぎで眠れなかったり色々…

眠れないと脚がむずむずしてくるんです
むずむず脚症候群的な?

むずむず脚症候群って知っていますか?
ちゃんとした病気ですよ笑

きっとエルゴとか乗艇で脚を酷使しているからってことにしておきます。


誰かぐっすり眠れる方法知っていたら教えてくださいm(__)m



更新をサボっていた期間の話をすると、2000mT.T.で約1年ぶりにベストを更新しました!!

レースで上位に食い込むにはまだまだですがやっとスタートラインに立ちました。


これからもベストを更新し続けないといけないんですけど、よく考えたら時間がもうあまりないです。



あと何回2000測定やるのかなって。

最低4回、最高で8回くらいですかね?

あと20秒くらいは更新しないとなので全然立ち止まっている場合ではないですね。


幸いにも最近12minが良い感じに伸びて来ているのでこの調子でいきたいです。


乗艇のハイレートもエルゴも最後に落とさずに動けるようになった分逆に落とせないからとてもつらい



良い成長の証ですよね
本当にへなちょこだったのにね笑



インカレに向けて自分も課題を克服しつつみんなで上を目指していきたいです!

おけちゃんのつぶやき42


こんにちは!皆川です



最近カメちゃん書いてなさすぎてびっくりしました!!すみません!


てなわけで夏ですね、学校もなく
ひたすらにボート、ボート、ボート...
って感じの生活ですね〜

私は今いろいろとあり体力的に底辺なので、暑さに負けず頑張っていきたいです


そして女子部では月曜日まで慶應大学の方が3人いらっしゃってました!!!


台風や雷にかなり翻弄されてしまいましたが、戸田よりかは涼しい環境でのびのびと練習してもらえたのではないでしょうか

私たちとしても並べ相手が増え、クルーボートも組め、他チームとやるのはとても刺激的でした!
やっぱ人数多い方が活気湧きますよね
1年生が合流したらそんな感じになるのかと思うとワクワクですね!!



私は個人的に、
高校の時の先輩が釜房に来て一緒に漕ぐ
という状況がなんともエモい(使い方あってるんだからわからん)感じがしました
こうなんか不思議な感じですよね〜


そしてそしてただいまインカレに向けて、1年女子の香門が一足早く現役合流しているのですが
本当に吸収率の凄さすさまじ!!すごいな!と驚きます

1年生がみんなフライの中でめちゃ頑張ってて、こう何か少しでもインカレでてよかったと思えてもらえるようこちらとしても頑張りたいですね



自分の1年のインカレはぶっちゃけかなり記憶がないです笑


別に同期も私が先輩とインカレ出るの何も思ってなかっただろうし、先輩ももう1人のcox辞めちゃったし経験者だし別になんとも思われてなかっただろうけど



同期と先輩にとある言葉を言われた時に

ひしひしと あぁー何にも思われてないんだな

と思ったときがなによりも一番辛かったな〜ってのを覚えてますね...


別に頑張ってるねとか言って欲しかったわけではなく、なんかこう構って欲しかったんですかね?笑
もうぼやっとした記憶でしかないです

1年生的にはとても寂しいと思ってたな〜と久々に思い出しました
艇庫で堂谷さんと堀池と甘いものの話してたのしか覚えてない笑




まぁこんなの振り返ったとてあれなんで

みんなでクルーを作り上げていきたいなーとこれを思い出してとても思いました

頑張っていきましょ!


ちなみに来週の月曜日は、たぶん一年半ぶりくらいの同期会です...笑

さぁ〜どうなるんだか楽しみです


それではこの辺で!

モノローグ


こんにちは。

座礁(新トレ期)、沈(計6回 @桟橋)、漂流(舟のみ)を経験し、次には何をやらかすのか不安で仕方がない中村です。もう絶対にしません。新人の皆さんには反面教師にしてほしいものです。



特に桟橋が苦手なので、桟橋出艇するにあたり注意すべき点をあげてみます。


1 艇を運んで桟橋を渡る際、水面に浮かべる際には足元に気を付ける。(詳しくは田中修に聞きましょう)

2 オールを取りに行く際、ローロックにロープを引っかけて、しっかりと締める。(流されます)

3 桟橋を歩くとき、他の艇が岸を蹴ると揺れるので気を付ける。(桟橋の端を歩いていて、揺れた瞬間滑って落ちた人がいます)

4 オールを付けるとき、向こう側に体重をかけすぎない。(さもなくば沈。私の初沈はこれ)

5 出るときに桟橋側じゃない方のオールを張る

6 シングルのときは無理に岸蹴りしようとしない(できないのに義務感に駆られて岸蹴って落ちた人がいます)

7 桟橋と艇がぶつからないように艇を流す

8 他艇の位置に気を配る

9 ローロックが締まっているか確認する


思いつく限り挙げましたが、田中修に聞けばもっとたくさんの危険ポイントがわかると思うので、ぜひ聞いてみてください。


暑くなってきてボーッとしがちですし、涼しい時間帯の練習時間も無駄にできないので、しっかり気を引き締めていこうと思います。


8分も切ったし、乗艇のほうも先輩方に届きたい。


では。

アーミーのFinalC



風は強くもなく弱くもなく逆



1本目は100%、2本目は120%できてるから今日はもっと良くしよう。
ミスを減らして、でもミスは無くせないから、ミスをしてもすぐに立て直す。
リズムを崩さないで乗り続ける。

大林さんのお言葉。


今回だけに留まらず今までずっと、どうやったらノーミスのレースができるか思い悩んでいたけど、ミスは無くせないから立て直しを一本で、というアドバイスは初めてだった

そういうもんか

そっかそういうもんか



スタート前で待機してたらすっごい緊張してきて腹の底が抜けそうな気持ちになったりした

ロールコールでレーンに入ったら緊張は何処かに消えてどんとこいという気持ちになった

ウォーターマンに持たれてカウントダウンを聞いてたらまた猛烈に緊張した

私どうやって漕いでたっけって感じ

頭があやふやになったら身体を信じるしかない

今まで通り漕げるよと自分に言い聞かせた


ランプが鳴ったら、身体はちゃんと動いた

動いたら頭も働いてきて、思考が戻ってきた

呼ばれてスタートするまでの間に風に吹かれて思いっ切り曲がってスタートした

大きく膨らんで、300でようやく戻った時には隣のロシアはいなくなってしまった

隣の隣にスペインがいるかもしれないけど全然見えない


500から1000の間は、とても良かった

艇も人も一体化していた

何も考えず、リズムを刻んで進む物体の一部として動き続けた

上手くキャッチをコントロールする為にインハンドが全体的に疲れた

なんか右腕疲れたな、と思い始めた1000過ぎでキャッチがズレて一回ミス

次の一本もちょっと引かれてやや曲がり

疲れたところで崩すとドライブが鈍る。
が、鈍らせるわけにはいかない

ここはより一層キャッチの脚の反応を鋭く


立て直してからの400くらいも中々良かった

逆風でドライブは少し重かったが、またしばらく無心でストロークを刻んだ

1750でスパート入れた

整調の脚の反応が速まる

やばい。遅れる。遅い自分鈍い。

とにかくレートに乗ることと、同じ脚の反応スピード!!
と思いながら漕いだ

レートは上がったが色々ちょっと荒々しくなって、なんとか持ちこたえるようにゴール

終了した


やっと終了した

やり切った

課題にまみれながらも、やれる事はやった



でも爪跡は残せなかった

世界から見たら、アジアの一国が弱いペアを出したよってくらい

次の瞬間には観客から忘れられている




よく見たらfinalAのクルーもやっぱちょいちょいミスしてる

でも立て直しが早すぎて、0.3本くらいの間で戻ってて気付かない

あとレート高いのに楽そうに漕ぐ

動きは楽そうだけど、表情や全身から立ち上る覚悟と苦しみがある



アーミーの敗復




真昼で日差しが強い

そんなに暑くはない



スタートは昨日よりはちょっとヘタ
ブレードで激しく水飛沫立てながらスタートした

でも気持ちはそんなにバタついてない

曲がっても傾いてもリズムに乗って蹴り続けるんだという強い意志があった

隣はまだ見える

割りとすぐに500を通過した

集中の波で数本、強張ってキャッチ遅れたり動きが大きくなったりはあったが、概ね真っ直ぐ進んでいる

リズムリズム
リズムは良い

少しでも気を抜いたら、あるいは、少しでも気張り過ぎたら乗り遅れそうだ

sr33

1000通過で隣はまた視界から消えたけど、近くで水音を感じる

まだ食らい付いている

1250でリズムが落ちる気配がした

今まで刻み続けた高野氏が1回目の限界を迎えている

落とすなとかなんとかイベントを入れたら踏ん張ってくれた

sr31前後

後ろの水音はやや遠のく

1500で足蹴り系入れる

体は開きがちでキャッチの精度もだいぶ落ちている自覚はあったが、とにかく動いてリズムだけは刻み続けた

もうグジグジした気持ちで陸に上がりたくない!

スパートは疲労でやや物足りない出来だったが、とにかく最後まで動いてゴール


2人で攻めることができたレースだったと思う

頑張ったと思う

昨日よりは気持ちも晴れやか


でもやっぱりビリで、自分達は頑張ったけど、端っこなんだなぁという気持ちだった


もっと上手になりたい

もっと速くなりたい

世界で戦えたらもっと楽しいだろうなぁ

明日調整して、明後日もう1発刻んできます



アーミーのレース経過



今日のポイントは2つ

1、リラックスする
2、フィニッシュ脚締める



スタートは決まった

曲がらずバタつかずスムーズに

隣のバウの背中が見えそう

300過ぎてコンスタント落としたあたりで並び、我々は少し蛇行する

リラックスはできているが、体の動きが大きくてモワンとしている。
なんかモワンとする。

強い横風に流され、バウサイがブイを叩く

1000近くで隣にいた艇はいなくなってしまった

レートが低いと感じた

足蹴りが弱い気がした

でもリラックスとの共存が上手くできなかった

中途半端なままスパートに入り、そしてゴールした



全然戦えなかった

自分がショボ過ぎて悔しがる気も起きなかった

ショボ過ぎてこの記事も本当は書きたくない

一体私は何のためにチームから離れてポーランドまで来たのか



しかし、とりあえずまずは一本なので、今は切り替えるしかない

井の中の蛙から脱却するために何をどうすればいいのかは帰国してから考える。
うじうじするのは後回しにします



そもそも我々のペアは圧倒的にレース経験が足りないので敗復に回ったのは上等

今日できなかったことを試せる機会が増えた



明日は、

リラックスは素早い蹴りのためのリラックス

モッタリ馬鹿丁寧に漕ぐのはリラックスではない。逆にグラつく

隙や緩みなく強いキャッチの姿勢を作るために無駄な強張りを抜く。光の速さで蹴り出すために無駄な強張りを抜く

ドライブはもっと鋭く

そうすれば、何となく膝を伸ばしてグラグラするフィニッシュじゃなくなる

艇を突き放すようなフィニッシュができるはず

膝締めるのは目的ではなく結果

以上を意識して明日頑張ります!


アーミー@ポーランド



アーミーを書こうと念じ続けて月日は流れ5日も経ってしまった


レースは7時間後です

大事なところだけ書きましょう


クルー紹介してくれる人いないのでセルフインタビューするよ


調子はどうですか

調子は良きです。
初日は艇も環境も水も何もかも違くて、艇に乗ったときどうやって漕いでいたのか、どの漕ぎが正解だったか分からなくなってしまいましたが、今はもう大丈夫です。こうやれば良いっていうのはある程度掴めてます。高野氏もワクテカしてます。


目標は

ファイナルB以上!今日3着以内入りたい

ポーランドどうですか

気温は涼しいけど日差しは強いです。モンゴロイドには辛い眩しさ。
ご飯はまぁまぁ。でも異国の味付けに飽きてます。昨日チームメイトが持ってきたお味噌とレトルト混ぜ込みご飯を食べたらあまりの美味しさに涙が出ました。大豆、偉大。


あとどんなこと聞かれる?
クルーの雰囲気?

クルーの雰囲気

クルーの雰囲気は普通です。あまり議論はしないけど、高野氏のテンション高度で乗艇の良し悪しは大体測れます。


外国のクルーどうですか

でかい。高密度。23歳以下に見えない。どいつもこいつもエルゴ7分切ってそう。
でも恐怖は感じない。私は良くも悪くも他人にあまり関心がない。私は自分のレースをするだけである。隣をゴリラが漕いでいようが妖精が漕いでいようが関係なし。

頑張るぜ〜

おけちゃんのつぶやき41


こんにちは!皆川です


さてさてただいま仙台23度もないくらいなんですが、地元の気温見たら36度でおったまげました
地元の近くの熊谷市では41.1度だった模様です...


仙台素晴らしい!!!

ですがすっかり夏模様〜
家からSEIYU行く道の途中でパシャり



ちょっとバックが曇りなのが残念ですが



前のアジサイに引き続き、季節の花でも載せて頑張って女子感出していきますかね(笑)



さてさて今週の土日はあり得んくらい長く感じました、先週の金曜とかいつの話って感じです、長すぎた
まぁ様々な理由があるわけですが、やっと家で一息〜


ともいけないところ...


まぁそんな話は置いといて
土曜の晩練後の夕日めちゃ綺麗でした〜



iPhoneの限界です
写真はやはり肉眼には勝りませんが、とっても綺麗でした〜


その場にいた女子部員でパシャり




今週末の朝練は基本的にフォア乗ってたから見れなかったけど、日晩一年生とクォード乗れたのはなかなかに新鮮でしたね〜


正直わたしらの新人戦の時よりもバランス素晴らしく良かったと思います

声出して〜、崩れたらすぐ誰か声出して次いこ!!って盛り上げて〜
と口うるさく最初言ってましたが


みんな結構いろんな声がけしてくれてよかったです!



ほんとにクルーボート乗ってたら、あとあと声出す重要性が理解できるはずだから、今から盛り上げてく癖をつけて欲しいな〜


女子艇とかもはやいつぶりかわからないレベルに、久しぶりだったので
声の高さにビックリしてました(笑)


あとあとどうやら釜房ダムは一週間で20%も貯水率が減ったらしいですよ...
そりゃ毎日桟橋移動するわけや


今68%らしいです、やばいですね



どうか恵みの雨よ降ってください〜


それではこの辺りで!

アーミーもうそろ出発



西原です

本日ポーランド行って参ります



最近の調子は、実は一旦崩しました

バランスが悪くなり、今までやってきた諸々をどんなに試しても良いバランスが1キロ以上保たない

常にストサイ側が下がり、オールを下げても右尻を虐げてもまっすぐにならん

てか右尻を虐げるのは間違い

でも真ん中にどすこいと座っても上手くいくのは数本

2人で試行錯誤しましたが上手くいかず、大林さんに指示を仰げば、
「体でバランスとってる」

分かってる!!泣

「脚でキャッチ脚で加速脚でフィニッシュ」
「出力が弱かったら何をやってもバランスは良くならないよ」と。


そうですね…確かに最近小手先に囚われて、どストレートな「力こそパワー」みたいな漕ぎを忘れかけている気がする

出力120%で漕いでみたらなんかスゥッと傾きが直った

そういうことだったのね。。

小手先も大事だけどパワーが基本。全ては出力がなければ成り立たない。

「若干山漕ぎ気味だから、アウトハンドは水平に円を描くように引いて。」

ともいわれた。この小手先ワザも上手くハマった



そして次の日のB2で一気に復活しました

その日はオープンダブルと並べろと言われました

練習で並べを指示されるのは初めてです

くっそスピード出ました

10秒差でスタートして、20min終了後は2艇身差くらい

バランスも良くなった


では行ってきます