ぼくのかんがえたさいきょうのボート(6)

ボート部員なら一度は考えたことがありませんか?
「2000mの室内温水プールでボートが漕げたらなぁ…」
「艇庫からポンドまでが動く歩道だったらなぁ…」
そんな叶うはずもない願いをご紹介するコーナー。
それが、


【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】

こんにちは。
「ぼ」と入力するだけでPCが「ぼくのかんがえたさいきょうのボート」を予測するようになり若干焦っています。

早速お便りを紹介しましょう。
太陽系第三惑星にお住まいのgataoちゃんからです。
常連さんですね。いつもありがとうございます。

『梅雨になり雨の日が多くなりましたが、雨に濡れずに乗艇することはできますか?』

これはなかなか深刻なお便りです。
梅雨の季節は冷たい雨の日と、暑い晴れの日が交互にやってくるので、体調を崩してしまう選手も多いことでしょう。
急遽【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】係のメンバーを集めて会議を開きました。

漕手を雨から守るにはどうしたらいいか。
その会議で出た案をご紹介します。

1.傘をさす



あら可愛い。
背負っている救命具に傘を挟み込んでしまおうという案です。
ポイントはブレードとおそろいのカラーだとか何とか…

吹っ飛ぶので却下。

2.ボートに屋根をつける


http://images.fineartamerica.com/images-medium-large/pilot-in-the-cockpit-of-a-skyhawk-fighter-jet-nir-ben-yosef.jpg

イメージは戦闘機の操縦席だそうです。
ちょっとかっこいいですね。
しかし雨で視界が悪くなりそう…

残念ながら却下。

3.水域自体に屋根をつける

ダムです。却下。


こんなに考えてもいい案が出てこない…
漕手を雨から守ることはできないのか…!?


その時ひらめいた案が…!!


4.↓



うわああああああ!!かっこいい!!!
井上さんかっこいいいいい!!!

說明しましょう。
これは漕手がボートを漕ぐことで生み出した熱により、体に触れる前に雨を蒸発させてしまうのです!
雨が蒸発するってことは体表は軽く100度超えています。

この技を身につけた選手のみが雨に濡れずに練習することができるのです…!

(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・


このコーナーではみなさんの考える最強のボートのお便りをお待ちしています。
宛先は、東北大学ボート部『ぼくのかんがえたさいきょうのボート』係まで。
どしどしお便り送ってね!

 

ぼくのかんがえたさいきょうのボート(5)

ボート部員なら一度は考えたことがありませんか?
「2000mの室内温水プールでボートが漕げたらなぁ…」
「艇庫からポンドまでが動く歩道だったらなぁ…」
そんな叶うはずもない願いをご紹介するコーナー。
それが、


【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】

こんばんは!
久しぶりにやって来ました、【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】のお時間です。

早速お便りの紹介です。
銀河系第三惑星にお住まいのgataoちゃんからです。
いつもありがとうございます^^

『ボートにトイレを持ち込むことってできますか?』

…。

あー…。

放送コードに引っかからない程度にやってみましょう!
VTRどうぞ!!



…。

(ニコッ)

このコーナーではみなさんの考える最強のボートのお便りをお待ちしてます。
宛先は、東北大学ボート部『ぼくのかんがえたさいきょうのボート』係まで。
どしどしお便り送ってね!
 

ぼくのかんがえたさいきょうのボート(4)_part3

こんばんはー!
【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】です!

もうこんな時間!
もうこんな時間!!

今日はpart2でひらめいた
「靴のかわりに軸・シートの方を動かす」
というのを実際にやってみました。



こんな感じで!
適当な感じでごめんね、なつみかんちゃん!

【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】では
まだまだお便り募集していましす。
どしどし送ってね(ヽ´ω`)ゲッソリ

ぼくのかんがえたさいきょうのボート(4)_part2

こんばんは!
前回のpart1でリガーの性質を勉強して、
今回のpart2でウイングリガーのリギング悩みを解決する予定でしたっ!がっ!!

何も思い浮かばなかったよ:(;゙^'ω^'):

とりあえず今回はボートに詳しくない人にもわかるように
「リギングにおいて、いかにウイングリガーが邪魔か」
を説明します。

:(;゙^'ω^'):


:(;゙^'ω^'):<VTRどうぞ…。



ピントゥ(pin to heel)とは「軸と靴のかかとの間の長さ」
デプス(depth)とは「シートとかかとの間の長さ」

:(;゙^'ω^'):…。

(゚∀゚) !


リガーが邪魔で靴が動かないなら、軸とシートのほうが動くようにすればいいんじゃ…!?

【次回予告】

なつみかんちゃんの悩みは解決されるのか!?
期待せず待て!

(この記事はフィクションです。)
(実際の人物・団体とは一部関係がありません。)

ぼくのかんがえたさいきょうのボート(4)_part1

早くも第4回目がやって来ました!奇跡です!!

ボート部員なら一度は考えたことがありませんか?
「2000mの室内温水プールでボートが漕げたらなぁ…」
「艇庫からポンドまでが動く歩道だったらなぁ…」
そんな叶うはずもない願いをご紹介するコーナー。
それが、


【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】

(コピペ)

それでは早速お便りの紹介。
果物王国にお住まいのなつみかんちゃんからのお便りです。

美夢のようなウイングリガーの艇に乗る際、浅井デプスと微妙なピントゥがいつもラスボスとして現れます。
なにか画期的な倒し方はないでしょうか。助けてください。゚(´つω・`。)゚。


とても切実な悩みですね。
わたしも何度か同じことで悩んだ経験があります。
おそらくこの悩みは一筋縄では解決しないと思うので、数回に分けてお届けしたいと思います。

今回はリガーの性質について学びます。
そもそもウイングリガーは何故あんな形をしているのか。
その理由を知らずに解決はできません!!

リガーには5つのバリエーションがあります。

1)三点式アルミリガー(classical multi-stay aluminium riggers)【Kタイプ】
・・・
シンプルで丈夫なリガーです。ハイトの調節幅が大きく、使用される方を選ばずお使いいただけます。価格も安価です。
2)カーボンチューブリガー(carbon two stay riggers of carbon fibre)【Sタイプ】
・・・
剛性の高い漕ぎ味を好まれる方に向いている人気の高いリガーです。内外傾の調整がしやすいですが、やや高価です。
3)
アルミウイングリガー(aluminium wing rigger)【Rタイプ】
・・・
安くて丈夫なので、近年人気が高まっています。前後上下に幅広く位置調整ができ、リギングが簡単なのも人気の秘密です。
4)
カーボンウイングリガー(carbon wing rigger)【Cタイプ】
・・・
剛性が高く、前後上下に幅広くリガーの位置調整ができます。リギングも簡単。若干、傷がつきやすい面があります。 
5)カーボンバウウイングリガー(carbon bow wing rigger)【xタイプ】
・・・
SとRの利点を兼ね備えた最新リガーです。剛性の高さと幅広い位置調節が特徴です。

(引用:
桑野造船株式会社 http://www.k-boat.co.jp/empacher/rigger.htm

ふむふむ!
また、少し古い記事ですが、おやじスカラー様がリガーについて考察されている記事もありました。
→おやじスカラー戸田便り http://d.hatena.ne.jp/oyajisculler/20041009

ここで注目すべき記述が!!

「ウィングが取り付けられているのはストレッチャーの直上であり、ストレッチャーに加わる力とリガーから伝わる力を、両者の取り付け部分の中で相殺でき、艇体には推進力だけが伝わるので艇への負担が小さい。(艇に優しいリガーと言える)」

ウイングリガーがストレッチャー周りのリギングを邪魔するのにはこんな理由があったんですね!

ボートに関わって6年目にもなるのに、今回はじめてリガーの性質を知りました・・・(;◔ิд◔ิ)
もっと真面目に勉強するべきでした〜。

次回からはウイングリガーの長所を活かしつつ、リギングの悩みを解消する方法を考えていきたいと思います!


このコーナーではみなさんの考える最強のボートのお便りをお待ちしてます。
宛先は、東北大学ボート部『ぼくのかんがえたさいきょうのボート』係まで。
どしどしお便り送ってね!

【次回予告】
果たして良い案はでるのか!?
次回、あまり期待しないでく(ry


(この記事はフィクションです。)
(実際の人物・団体とは一部関係がありません。)
 

ぼくのかんがえたさいきょうのボート(3)

やあ、みんな!元気にしていたかな?
今日も【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】が始まるよ!
ん?まさか久々すぎて忘れてしまったのかな?
改めて自己紹介からいきましょうか。

ボート部員なら一度は考えたことがありませんか?
「2000mの室内温水プールでボートが漕げたらなぁ…」
「艇庫からポンドまでが動く歩道だったらなぁ…」
そんな叶うはずもない願いをご紹介するコーナー。
それが、


【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】

(決まった…!)

第一回ではひかるちゃんからのクラッチに関するお便りを、
第二回ではギロチン君からのエルゴのお便りを紹介してきました。

今回は、第一回のコーナーでコメントしてくれたにも関わらず年をまたいでも無視され続けた悲劇のお便りを紹介しましょう!!

銀河系第三惑星にお住まいのgataoちゃん(●●さい)からのお便りです。

私はトップボールをにこちゃんにしたいです。

…なんてささやかで可愛らしい願望でしょう!
このお便りがずっと放置されていたなんて信じられません!
誰だ!gataoちゃんからのお便りを無視し続けたやつhくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」





それでは早速にこちゃんトップボールのボートを作りましょう!

まずは材料の紹介です。

DON!

どこにでもある適当な3Dシングルスカルを用意します。
よく道端に転がってますよね。

次にこのシングルスカルを改造していきます。


おっと!

一瞬、【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】の中の人が見えてしまいました!
放送事故です。
忘れてください。

そして改造後のボートがこちらです!

あら可愛い。
gataoちゃんには長らく待たせてしまったお詫びとしてサービスしましたよ!

待望のにこちゃんトップボール!!
そして艇の名前も!!!
極めつけにオリジナルデザインのオールや!!!!!

どや。

あんな艇を作りたい。
こんな改造をしてみたい。
…全て実現します。
そう、【ぼくのかんがえたさいきょうのボート 】ならね…!

このコーナーではみなさんの考える最強のボートのお便りをお待ちしてます。
宛先は、東北大学ボート部『ぼくのかんがえたさいきょうのボート』係まで。
どしどしお便り送ってね!

【次回予告】
果たして次回は来るのか!?
次回、乞うご期待!!


(この記事はフィクションです。)
(実際の人物・団体とは一部関係がありません。)

ぼくのかんがえたさいきょうのボート(2)

ボート部員なら一度は考えたことがありませんか?
「2000mの室内温水プールでボートが漕げたらなぁ…」
「艇庫からポンドまでが動く歩道だったらなぁ…」
そんな叶うはずもない願いをご紹介するコーナー。
それが、

【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】

第一回で終了するかと思いきや早くも第二回がやってきました。
二通もお便りが届いていますが、今回は先に届いたぎろちんくん(10まん48さい)からのお便りを紹介いたしましょう。

『(前略)
 私は道路を走れるエルゴが欲しいです。
 きっとすごくあぶないです。』

危ないと分かっていながら考えてしまう。
ボート部員なら当然でしょう。
残念ながら『ぼくのかんがえたさいきょうのボート』係には工学に詳しい人間が一人もいないため、まずはエルゴの仕組みと車のエンジンの仕組みを調べましょう。



参照:株式会社スターラインジャパンhttp://www.starline.co.jp/sports/concept2/manual.html



つまり、どういうことだ??
実際のメカニズムを理解できなかったので空想の産物をどん!



エルゴの風車と歯車がかみ合ってタイヤを回します!
もはや前進するのか後進するのかすらわかりません!
一つ確かに言えることは、曲がらないということです!!
改造してスライダーでつなげることにより、8人乗りエルゴ車にすることも可能です!()

ぎろちんくんの希望通りかなり危険なものが出来上がりましたね。
加速車線でのハイレートのことを思うと身震いがします。

このコーナーではみなさんの考える最強のボートのお便りをお待ちしてます。
宛先は、東北大学ボート部『ぼくのかんがえたさいきょうのボート』係まで。
どしどしお便り送ってね!

それでは、次回をお楽しみに〜!


(
この記事はフィクションです。)
(
実際の人物・団体とは一部関係がありません。)


ぼくのかんがえたさいきょうのボート(1)

ボート部員なら一度は考えたことがありませんか?
「2000mの室内温水プールでボートが漕げたらなぁ…」
「艇庫からポンドまでが動く歩道だったらなぁ…」
そんな叶うはずもない願いをご紹介するコーナー。
それが、

【ぼくのかんがえたさいきょうのボート】

今回が第一回というわけですが二回目はおとずれるのでしょうか。
さあ、さっそく紹介にうつりましょう。

釜房湖にお住まいのひかるちゃん(22さい)からのお便りです。

『ぼくのかんがえたさいきょうの軸です。』


どや。

『この軸はナットがはめられるようになっていて、
 クラッチを上下のナットでこていします。
 バックステイをはずさなくてもハイトがかえられます。
 ぼくのかんがえたさいきょうの軸はどうでしょうか。』

なるほど、いい発想ですねー。

しかしこれでちゃんとクラッチが固定されるのでしょうか?
クラッチが回るたびに緩んでいきそうですね。
それならC型ワッシャーを使うべきですね!

というわけで、
今回のお便りはひかるちゃんの恥さらしという形に収まりました!

このコーナーではみなさんの考える最強のボートのお便りをお待ちしてます。
宛先は、東北大学ボート部『ぼくのかんがえたさいきょうのボート』係まで。
どしどしお便り送ってね!

それでは、次回をお楽しみに〜!


(この記事はフィクションです。)
(実際の人物・団体とは一部関係がありません。)