野良犬放浪記最終回

カメちゃんをご覧の皆様、こんばんは。
荒井です。


さて、野良ちゃんも、正真正銘の最終回です。
何を書けばいいのか。
悩みます...

本当はこれを書こうって地道に書いていたのですが、なんか違うなーって思って、消しました。

消したら消したで、あーどうしようって感じです。

まぁ率直に今の心境をかけばいいかなって思ったので、そうします。

ちなみに、読むトーンを間違えると鬱記事と読めてしまう気がするので、私のいつものテンションで読んでいただけるといいかと思います。


さて、今の私ですが、部活を引退し、研究室一本の生活です。

今まで研究室と部活との両立が大変だったりして、それから解放されて少しは気持ちに余裕でも出来るかなと思ったのですが、そうもいきませんね。


気が締まらないといいますか。

もはや研究へのモチベーションもほぼ0です。


まるで屍のようです。


院試勉強と部活でどちらも中途半端になった上、部活では一切何も残せず、院試も志望研究室には落ち、そんなことなら院試勉強はほどほどにして、部活に打ち込めばよかったなぁとか思ったり。

まぁこんなことは結果論で、その時には分からないってことは分かっているんですが。

後悔というか、なんというか。
なんとも言えないもやもやした気持ちですね。


ここで思ったのが、
自分が思っているより、人は自分のことを見ていないし、自分は自分が思っているより優れていない
ってことです。

自分が別に凄い人間だと思っているつもりはありませんが、どこかしら期待してしまうことがあって、そこにギャップがあるから、こうもぐじくじしてしまうんだろう、と。

いつもはそのギャップが原動力になって、ギャップを埋めようと努力して、って思えてたのですが、今は何も思えないです。


埋めようとか、そういうことも思えず。

能力がない人間は、やりたいことを選べないんだな、と改めて思い知らされました。


こうやって悩む時間があったら進めよっていつも思ってるのに、うまく進めません。

というか、進む気になりません。

進むのが怖くなっている、と言うのが正直なところです。


ここまで自分が何もできないのか、と現実をバババンと突きつけられ、自信を失っています。


キャラじゃないですね。
もとから自信があるわけではないですが、ここまで下がっているのは初めてな気がします。


まぁそんなこと言ったって、前に進まないといけません。

怖いとか言っている場合ではありません。

後輩たちは新しいシーズンに向けて走ろうとしているところなのに。


今の自分は部員に会うことができません。

こんな中途半端な姿で顔を合わせられません。


これからのことをきちんと決めて、前に進みます。


ボート部のために何か力になれればとも考えていますが、自分に何ができるか、とか自信がない中でごちゃごちゃしているところなので、学生コーチとかも考えたりもしますが、今はまだどうしたいのか、どうすればいいのか分かりません。


まずは、皆さんと正面から顔を合わせられるよう、きちんとしなきゃです。



なんだかネガティブな文章になってしまいました。

そんなに死にかけているわけではないのでご安心を。
ご飯も食べてますよ!
空っぽなだけです!


すぐに元に戻ります!


さて、ここまで色々なひとに支えてもらってきました。

先輩、後輩、監督、コーチ、同期、OBOGの皆様。

こんなところで感謝の言葉を言うだけでは足りませんが、本当にお世話になりました。
楽しかったです。


特に、たったひとりの同期女子である井上には一番お世話になりました。

お世話になった、という言葉は変な感じですね。まぁそれは置いておいて。

本人に面と向かって言わない、というか、言えないです。
ここでのみ、です。


井上はずっと対校に乗っていて、ずっと憧れでした。
多分私には想像できないくらいのプレッシャーとか重圧にずっと耐えてきていたんだと思います。

それを少しでも軽くしてあげたいなーとか思っていましたが、最終日の井上をみて、そうはいかなかったなーと。
申し訳なく思いました。
向こうからしても、たった一人の同期女子だったのに。
もっと私が強ければ良かったんだな、と。


まぁそこでも自信を失った感はありますが。


いつも強く、しかも森くんの大好きな茶目っ気をもつ井上。

格好いいし、かわいらしいし、尊敬しています。


彼女は全日まで漕ぐので、そこまで私は直接力になることは出来ませんが、応援しています!


インカレの最終日に最後に二人でシャワー浴びてて、その時にさらっと感謝の言葉的なことは言ったのですが、あれだけじゃ足りませんね。


どんなに書いても言っても足りません。


まぁ井上が引退してからも、飲んだりげらげらアホな話したりしたいですね。


井上だけじゃないですよ!
同期の皆さんも!
また同期会やりましょう!!

先輩も、後輩も!

ご飯食べましょう!
たくさんお話しましょう!!


いつでも誰でも誘ってください!


あー、最終回ということで、特大スペシャル〜

ちょいちょい私の顔がひどいことになっている写真があったので、それは載せません。欲しかったら直接言ってください!

インカレナイトの写真です!


逆ハーレム〜逆向きあれー?

もしかしたらの人

めそめそ良輔くん

こじらせたかし

4年目にしてやっと、実は気が利く熱い漢と気付いた

次期風紀委員長(仮)

おせっかいおじさんと、涙腺崩壊おばさん

現風紀委員長(活動成果0)

元、前安全担当

女子?漕手

ノーコメント

こっそり推しメン(笑)

HWCC仲間〜

「その服スパイダーマンじゃん」「譲りものです!」

感情のない側の人間たち

男泣き加部〜反対向き直らない〜

シメ!これ上げたのバレたら怒られそう!


ということで、野良ちゃんはここまで!
またどこかで皆さんとお会い出来ることを楽しみにしております。

3年半、本当にお世話になりました!

ありがとうございました!

これからも、東北大漕艇部をよろしくお願いいたします!!



平成25年入学 荒井紗瑛

溺れるナイフ

おはようございます、2年目の高梨です。
インカレが終わりました。

(だいたいの)4年目のみなさん、本当にお疲れ様でした!そして、心からありがとうごさいました。4年間やりきるのは本当に尊敬しています。なんか次に釜房行ったらいないとか信じられへん…(・_・;

ひとまず心も体も、ゆっくりのんびり休めてください(^^)

さて、僕らは来シーズンがもうすぐです。

今足りないのって、女子の今のコーチの代がよく雑感に書いてた「できるできないじゃなくて、やるかやらないか」ってことだと私は思います。

すごく難しいことだし、やってもできないかもしれないんだけど、やらないとできるわけない…!

一昨年とか去年のことは正直あんまりわかんないけど、とにかく今反省して変えるべきところは山ほどあると思いました。
先輩たちはほんとに偉大すぎるけど追いつけるように、ちゃんと受け継いでいかなきゃ、って思います(°_°)
というより、自分のためにそういうふうに動ける人になりたい。
結構短いけどなんか他に書くこと思いつかないから今回はこれでいいっすかね、
さよならいおーん(^o^)/

野良犬放浪記第97話

カメちゃんをご覧の皆さま、こんばんは。

荒井です。

 

 

まず初めにひとつ。

 

今回で野良ちゃんは最終回、ということでした。

 

 

が。

 

 

 

色々考えて、来週でもよいでしょうか…

 

 

ここでもし、最後ですよ、的なメッセージとか書いてしまったら…

 

今までありがとう的な文章を書いてしまったら…

 

 

居づらくないか、と。

 

なんか、もう終わった人、みたいな扱いを受けそうで。

というか、自分でもそういうことを言った後にまだいるのはちょっと、やりにくな、と。

 

 

やっぱり去り際にぽとっと残していくのがお互い良いのではないかということで。

 

 

 

来週書きます、最終回。

 

あ、でも来週水曜はかけないかもしれないので、来週中に更新、という形で。

最後はきちんとしたいので。

 

 

と、いうことで今回は最終回ではありません。

まだ来週まで野良犬はカメちゃんに鎮座します。

 

 

さて。それではいつも通り、始めましょう。

 

 

なんだか部屋の外がにぎやかです。

 

人のこと言えませんが。

 

 

ヒロシさんがすごい興奮しているようです。

 

 

やっぱり声が通る人ってその人が特定できてしまうので、なんとも。得ではないですよね。

私も結構声が通りやすいのにプラスして、声量が大きいため、目立ってしまいます。

 

声が判別しやすいことに、得したと思ったことはないですね。

 

モーターを呼ぶときくらい、ですかね。

あとは大体うるさいのは自分のせいですね。

 

 

でも声って人柄が出る気がします。

喋り方とか、語尾とかに性格が出てくるような。

 

例えば、

西原だと、あーコミュ障。

高梨だと、あー少し控えめな子?

加藤だと、絶対この子、変。

 

みたいな感じでしょうか。

 

男子であれば、

多賀は、見切り発車感。

大輝は、かみついてきそう

 

みたいな。

雑ですが。ざっくりこんな感じですね。

 

やっぱり喋りは人に与える印象の大部分を占めるんだと思います。

一時期そんな感じの本が流行りましたね。

あれ、あれは見た目が何割とかいうものでしたっけ。

 

まあでも喋り方、大事ですね。

私も悪い印象を与えないような話し方をしたいです。

 

 

さて。明日からインカレです。

ダブルでの出漕になります。

私は直前に意気込んだり、気合を入れるとあまりよくないので、あまり何も言わないでおきます。

 

ただただいつも通りに。

落ち着いていきます。

 

 

ですが結構レース中は頭に血が上りやすく、感情的になりやすいので、そこはほんとね。どうにかしなきゃです。

 

 

まあなんとか、直前まで精神統一しておきます。

 

出艇前まで割とずっと音楽を聴いていますが、やっぱり音楽はリラックス効果ありますね。

 

出艇前はもうあまりリラックスするような音楽は聴きませんが。

出艇前はもうコッテコテのハードロックとかですね。

落ち着いていきますとか言って、そんなん聴いてるのかって感じですね。

 

逆にこっちの方が出艇前はいいんですよね。なんというか、その場にあった音楽というか。

そちらの方が落ち着きます。

 

 

 

今すごいはまっているアーティストいるのですが、いやー本当に熱い!!

 

ここでいうのはとても恥ずかしいので言いませんが。

ギタリストなんです。世界的にはすごい有名で。スラップがすごいんです!

テクニックが神ですね。本当に。

 

おのずと笑顔になります。

す、すげーーえええええ!!!

みたいな。

 

 

こう、自分の好きな音楽を伝えるってすごい恥ずかしくないですか。

 

エルゴCDとか作る人とか、自分のiPodを大音量で流す人とか。

すごいなあと思ってしまいます。

 

人前で万が一流すとしたら、三番手くらいの曲を流します。

 

まあミステリアスな部分ということで。

 

 

なにを書いているんだか。

読者のみなさんは多分、ゴール見えないなこの記事。とお思いでしょう。

 

同じ気持ちです。

 

 

どうしましょう。このグダグダ感。いつも以上の。

 

 

そうですねー、明日はインカレです、で終わりにしておけばうまく締まりましたね。

 

よくネット弁慶、とかSNS弁慶とか呼ばれる人いるじゃないですか。

普段は喋らないのに、そういう所では想像もしないくらい喋る人。

 

私はどちらもおしゃべりですね。

止まらないんですね。

 

 

でもいい感じのタイミングで睡魔が襲ってきたので、今日はここらへんで。

 

 

明日からのレース、頑張ります。

応援、よろしくお願いします。

 

 

それでは!次回は本当に最終回!


りゅうぺこ

カメちゃんをご覧のみなさま、こんにちは。
高梨です。
もう火曜日なのか!
忘れるところでした〜

でも、携帯が割れているのでとっても打ちづらいです!!ヒビが集中しているところは2回くらい押さないと反応してくれないし、破片が散らばっています。
rimがこの携帯に入っているので今日もこいつとともに乗艇したらちょっと濡れました…。
やはり防水ケース買うかね( ̄▽ ̄)
何がいいたいのかというと、携帯の画面は大切にしよう!ということでした。

あ、そういや今週も(^_^;)みなさんカメちゃん書いてないですよ〜、野良犬の次がジャイアントになっとる。
だがしかし、野良犬はもうすぐ感動の最終回を迎えてしまうのです…>_<…
このままでは西原と私だけが書いている週もやってくるのもそう遠くはないと予想されます(*_*)
という訳で、1年生も書けばよいのでは!( ^ ^ )/
4人も増えるぞよー
これで上級生が書き忘れてもごまかせますよ!
でもこれ最初にアプリを入れてその次どうやって書き始めたのか記憶にない…( ̄▽ ̄)

ごめんなさい。私は教えられない。すまね。


あ、最近暇なときは、アメブロ読んでます。
もともとは私土屋太鳳ちゃん好きなのでそのブログだけ読んでいたんですけど、下の方にスクロールするといっぱい出てくるのです。

私はのんピース、にハマっていますヽ(;▽;)ノ
最近ママさんタレント多いですよね。
小さい頃はミニモニ。の辻ちゃんだったのにもう3人のママで、時の流れは早いな〜と思います。それにしてもママって大変ですね。朝ごはんつくって子供を起こして学校とか幼稚園に行かせて、洗濯して掃除してふぅ、と思ったらもう帰りの時間で帰ってきたらおやつを食べさせて、習い事の送り迎えをして夜ごはんつくってお風呂に入れて…そしたらもう1日終わりなんですか!フライがないのね。わかっているようで気がつかなかった〜

親ってすごいです。そりゃあ子供にイライラもすることだってあるんだね。
ある程度おおきくなったら勝手に遊んでくれるし、学校の帰りも遅くなるから楽かと思うけど今度は思春期反抗期、あ〜めんどくせ。

あらあら何を書いているのだか…(o_o)

それでは、このへんで。

インカレがんばる。

さようなら〜

ジャイアント



みなさんこんばんは。

西原です。戸田なう。



最近差し入れの果物やお菓子が美味しくてとても幸せです。いかに「これ1個目」感を出しながら人より多く食べるかに腐心しています。


戸田艇庫好きです。木造だからか町中にあるからか、なんだか温もりを感じます。女子トイレが少ないのとシャワーがあれなのがちょっと残念ですが。
左部屋は部屋の構造がおかしく、奥の方は光も風も届かず、闇に呑まれていますが私はむしろ落ち着きます。昼寝時や就寝時は光がない方が嬉しいです。

艇庫があるだけ恵まれてますね。



戸田にはポケモンもめっちゃいます。

ポケモンいすぎて、夜な夜な荒川へお散歩に出かけてたところを清水さんに目撃され、携帯をいじる様から待ち合わせだと勘違いされ、西原が夜誰かに会いに行ってる、という噂が光の速さで選管部屋に流れたらしいですが、ポケゴーしてるだけだと判明し場を白けさせてしまったらしい。知らんがな。切な。




クォドの方もなんとか頑張っております。レースまでの日数が少なかろうが変えねばならもんのは変えるしかない。って感じです。



あとこの場をお借りしてちょっとwanted

私の色鉛筆セットを探しています。24色で二段になってて引き出しタイプのやつです。戸田で無くした気がするのですがどこを探してもなくてショック…。誰か心当たりありませんかね?


明日は朝フライ。ゆっくり眠れます。
最近荒井さんが絶好調でたっぷり笑うので夜ぐっすりです。
おしゃべりって結構体力使うんですね。


今夜はこの辺で。無難にまとめてみました。さようなら。


西原

















野良犬放浪記第96話

カメちゃんをご覧の皆様、こんにちは。

荒井です。

 

 

さて、ついにこの日が来てしまいました。

 

ラスト釜房デイです。

 

 

 

ついに…。

終わりはやってくるのですね…。

 

 

すごい変な感じでした。

 

 

こうやって釜房でエッセンを食べるのも最後かー、とか

わけわからない時間に起きて朝入りすることもないのかー、とか

げじげじの隣で起床することもないのかー、とか。。。

 

 

さみしいとかそういう感じではなかったですね。なんとも不思議な。実感のない感じ。

 

 

まあ最後、ということで、釜房を撮ってきました!

ラストと思うとなんだか普段見慣れた光景も少しだけ特別に見えます。

 

堀池のぼっち飯。

 

 

 

ラスト釜房ローイングは、悲惨でした。

悲劇の一歩手前。

いや、本当に。本当にやばかったです。

 

 

これが本当の意味での

 

『く●●●う』

 

 

です。

まあ自分らしいな、と。

全然うれしくないですが。

 

 

といった感じでしたね。

 

 

あ、そうそう。

私が写真を撮りに外に出ると、断髪式中でした。

 

完成系はこちら。

 

友己さんの力作。

きちんとグラデーションかかっているのです。

 

驚くべきバリカン技。

 

 

喜多くん。よくわからないところに産毛が生えていたり、友己さんも苦戦していました。

 

 

まあでもおしゃ坊主になってました。ヨカッタネ!

 

 

 

そういえば先ほど、研究室の先輩と雑談していたとき、

私「研究室の同期となじめないんですよねー」

と軽いノリでいったら、

先輩「うるさいからじゃなーい?(笑)」

 

と言われてしまいました。

どうやらおしゃべキャラのようです。だいぶセーブしているんだけどな…。

 

 

こっちで喋らない代わりに部活で一気に発散していまして。

楽しくなっちゃうんですよねーほんと。

喋らないとストレス溜まりますし。

 

女性って、喋ってストレス発散する傾向にあるみたいですね。

そのためか、男性よりも喋る語数が断然多いとか。

 

 

そんな話を聞いて、私も女性なんだなーとか思ったり。

 

そこら辺の女子が好きなものには大抵反応を示さないのですが、おしゃべりについては女子ということで。安心しました。

 

ボート部にいるともはや性別超えてる感じがして、男子と喋ってるのか女子と喋ってるのか区別があいまいです、最近。

すいません。

 

誤解を恐れずにいうと、井上も森も同性に見えてくる、って感じですかね。

 

 

いや、見た目ってわけではないですよ。喋ってて、ふと。ふと、です。ほんと。

 

 

あ、そういえば全然話は違いますが、THE女子高の新星、皆川にも女子高っぽいって言われてしまいました。

鹿又に続き、一年生にまで…

 

悲しいわけでもないけど、うれしいわけでもないです。

 

共学でも、こうなるんだよ!

 

 

男子校や女子高出身の子がよく言う言葉

「共学だったらなー…」

 

残念。たぶんあまり変わりません!

むしろ共学出身からすると、女子高楽しそうです。

 

 

高校生活、やり直したいなあ。共学でもいいけど、やり直したいです。

 

たまにフラッシュバックするんですよねー、嫌な思い出とか恥ずかしいこととか。

 

くあーって。

 

誰にも言えないあの感じ。ひとりで、こう、うあーってなるあの感じ。嫌ですねー。

 

 

まあやっちゃったことは仕方ないんですけどね。仕方ないです。

 

 

さて。明日は戸田入りです。

ラスト戸田入り!

こんな日が来るとは。

 

戸田でしっかり調整して、本番にピークが持ってこれるよう、頑張ります。

 

 

それでは今日はここらへんで!

次回は戸田から!また水曜日に!!


脱ユニバプロジェクト

カメちゃんをご覧のみなさまこんにちは。高梨です。

このプロジェクトが本格的に始動したのは8月末です。
でも私は去年からずっとユニバ出たいと繰り返していました。
入学した頃は意識高い系だったし、学部や高校の友達以外に入学前から友達がいるのは心強かったです。
だがしかし…そんなのは一瞬。
今となっては、いや、去年からだけど (*_*)同じユニットの友達との会話は、必ずと言っていいほど「おー、久しぶりー」だし、留学生がどこの国の人かはあやふや、英語を使ったことはほぼなし、そういえば端っこの部屋のあの子を最後に見かけたのはいつぞや…という感じです。
やばいっすね( ̄▽ ̄)
相当やばいです。

まぁでも私もたくさん迷惑をかけたんだろうし、お互い様だと思うことにしましょう。
それにあの安さでずいぶんと贅沢な暮らしでした。思えば去年から洗濯機も電子レンジも冷蔵庫も新しいものになりました。掃除もしていただいて(^_^;)トイレットペーパーはなくなることがないし。
あとちょっと雑用を片付ければ引っ越しだ*\(^o^)/* ともかく、これで私のストレスが一つ減りますように!!

西原に続き(西原ごめん)中身のないブログでゴメンナサイ(・_・;
でもまぁ、いつものことですね。

また、来週〜〜
さようなら。

村上春樹風に書いてみる



『シャワー・ベッドをめぐる冒険』



第1章 午睡からの目覚めと母からの電話


目が覚めると家には誰もいなかった。部屋には沈黙が粒子のように漂っていた。僕の頭は霞がかかったようにぼんやりとしていて時間の感覚がまるで失われていた。意識の断片をかき集め、時計を見ると既に午後の3時を過ぎていた。
僕はポテト・チップを一袋開け、冷蔵庫から緑茶を出してコップに注いだ。ポテト・チップは口の中で一瞬で粉々になり、油っぽい後味しか残さなかった。それはちょうど秋の道辺に積もっている乾いた枯れ葉のように呆気なく、忘れられた海底のように無音な部屋に虚しい音を響かせた。
そうしていると、突然ベッドの上から破裂音がし、重い沈黙を鋭く打ち破った。母からの着信だった。携帯は、まるで一旦は死んだ蝉が突然命を吹き返し、その奇跡的な蘇生を逃さぬように死に物狂いで暴れ出したかのようにけたたましく鳴り響いた。僕はたっぷり6回ベルを鳴らしてから携帯を取った。
携帯の向こうで母は誰かと会話していたが、しばらくして僕が電話に出ていることに気付くと、なぜか敬語で話しかけてきた。
「我が家の風呂場のガス機器のメーカーを見てくれません?」と彼女は聞いた。
先日から調子が悪いシャワー・ヘッドを買い替えるつもりなのだろうと思った。シャワー・ヘッドは長年酷使されて角が欠け、とうとう付け根から水が漏れて噴出する事態に陥っていた。
僕は風呂場へ行き、刻印されたメーカー名のアルファベットを丁寧に読み上げたが、なぜか電話の向こうの声は急に遠ざかり、うまく聞き取れないようだった。まるで校庭の端と端で会話しているように我々はお互い声を張り上げたが、母はEとDを何度も聞き間違え、最終的に写メールを送ろうということになった。



・・・やっべぇウルトラつまんねぇ笑

いや、ここまで読んでくれた方ありがとうございました。

村上春樹が悪いのか私が悪いのか、亀ちゃん史上稀に見る詰まらなさとなってしまいました。

君の晩フライなどどうでもええわ!って感じですよね。はい。
しかも見よう見まねの文体は意味不明…


反省します。

次回はラノベ風に書いてみようかな。
って全然反省してませんねこれじゃあ。


うーん絶望的にめちゃくちゃな終わり方ですが自分でももう手がつけられないのでこれで本日の記事は閉じさせていただきます。


さようなら。


西原








FF

かめちゃんをご覧の皆様、こんばんは。藤原です。

君の名は。、いいらしいですね。森さんに、熱烈におすすめされました。私も見に行こうかな。出不精なので、行くかわかりませんが。


さてさて、このところやたらと流木の多い釜房湖ですが、今日は久々にあまり流木たちに悩まされずに漕げたように思います。
乗艇の敵は季節によっていろいろありますが、流木は、雷、波風、霧に続く、4番手くらいに厄介ですかね。どうでしょう。

今日は流木があまりいなかったおかげで、昨日流木によって漕げなくなった距離を頑張って漕ぎました。航行距離が1日で50kmを超えるという…(ノ゜ο゜)ノ

というわけで今日はみんなお疲れです。
消灯まであと1時間ほどありますが、女子の半数近くがもう寝ていますね。

私もこれで寝ます。

おやすみなさい。

藤原

あたり前田のボート日記34

カメちゃんをご覧の皆さま

こんばんは。前田です。

皆が夏休みの中、私は授業が始まりました。木金は実験の集中講義で、青葉山のサイクロトロンセンターというところでRI実験の研修してました。
日本有数の施設らしいです。
センターの方が自慢してました。

ダヴィンチコードか、天使と悪魔(どちらも作者ダン・ブラウンさんです)の映画と本にも、サイクロトロン出てきたような気がします。小説の中だと確か、超高速で粒子を衝突させて、悪の物質なんたらかんたら…
科学的なようで、非科学的なような…
5年前くらいに読んだので、あまり覚えてません。お許しください。

本自体は面白いので、ぜひ読んでみてください!



今日は短いですが、この辺で失礼します。


また次回お会いしましょう!
Check