おけちゃんのつぶやき34


こんにちは皆川です!

すみません、見直してみたら一ヶ月ぶりでした...


無事帰国したんでHelloは終わりですね(笑)
結構な頻度で戻りたくなるんですが、写真見直すたびに御手洗さん思い出して

新入部員いれなきゃという気持ちになってます



さてさて昨日は嬉しいことに女子入部1号が入ってくれました!!!!


嬉しすぎて泣きました(笑)あの自己紹介タイムの時間で泣くことになるとはまさか思ってもいなかったです


なにがともあれ無事1人め入ってくれて本当の本当に嬉しいですね〜




最近ひたすらに男子エイトしか乗ってなくて、ひさびさに試乗会のデモで女子クォド乗ったんですけど
懐かしすぎたぁ〜
インカレぶりの女子クォ
まさかの初女子クォwithのんちゃん


となんかすごく新鮮で楽しかった〜



そして今日は女の子2人も入ってくれました(^^)もうほんとに嬉しいかぎり!!
去年よりも女子の入るペース良いからこの感じで新入部員増えてほしい!



てなわけで今日はこの辺で〜

アーミーのレース経過




先日予選レースが終わりました


皆さま総出で応援して頂き恐縮です

レース中結構聞こえました

進むごとに違う人の違う声援が聞こえてきました

晩は向かい風で超遅くて不甲斐なかったです



最近の調子としては結構良くて、レースは割と楽しみにしてました

漕ぎが安定して、スピードの出し方もなんか分かったような気でした


一本目はそこそこ良かったかなと思います


置いて押す、置いて押す、繰り返して、エルゴみたいな感じで漕げた

終わった直後は結構しんどかったけど、ダウンしてたら中盤もっと攻めれたような気がしないでもない


しかしそんなことを思いながらも2本目は、今思うと守りに入ったと思う


口では中条さんに勝ちたいとか言いながら、このまま一本目と同じように何事もなく漕ぎ切りたい心中であった

1本目は高野さんには勝った

このまま四番手で合宿に参加し、あわよくば選ばれたい


だがそんな甘ったれた根性が通じるほどボートはちょろくないんだな


スタートで風にグイグイ押し戻されてフォワードもままならなかったけど、焦らない焦らないと言い聞かせ、レートちょい落とし、レンジはやや短いが一本一本を体重で進めようと思った


だが私は焦らなすぎた


気付くと高野さんとの距離が心なしか縮まっている気がしたが、まだ大丈夫
一本一本押してるから大丈夫
体重乗せてフィニッシュ飛ばせば大丈夫
向かい風だと何故だか二の腕が疲れるから、無駄に疲れないように肩から先は極限までリラックス



でも本当はここでレートを上げてもっと蹴ればよかった

体重使って楽して、フィニッシュをちょっと飛ばすくらいじゃ足りなかった

守りに入ったから、奥から強く漕げなかった

1750でやっと気付くも既に遅く、ゴールして高野さんとの差をカウントして10秒

心底自分に怒りが湧いた



その後の午後はぼんやり就活のWeb説明会などを視聴したが、こんなんだからダメなのかなとか思い始めた


もっと人生を、命を賭けてレースしなきゃなんじゃないか

でも私は弱くて就活を止めることが出来ない

本当弱いわ


これ書き出すとドツボに嵌るからやめるけど、でも練習には100%で取り組んでるつもりです

そこは譲らないけど、でも、足りないのかなぁ、、、

まぁでも就活関係ないか
言い訳はやめよ




熊本での最終選考には出場できることになりましたが、3/15からの合宿参加権は逃しました

このままじゃマジ熊本行くだけになってしまう


この2週間で一発逆転するしか道は残されていません

私はまだ死んでないです

足りない技術と根性を修正して熊本行って参ります

懲りずにちょっと楽しみ


今度こそ終わった後もハッピーな気持ちで帰ってきたい




おけちゃんのつぶやき特別号last

Hi!皆川です


今回は「在豪OB訪問 最終号」です



正直自分の中でなにを今思っているのか、どうしたいのかが整理できてなくて今書くか書かぬか葛藤してましたが
新鮮なうちに書くのがいいかと思ったんで、まとまらないと思いますが、書きます(笑)



とにかく先週末私がなにをしてきたのかと言いますと、manning riverというシドニーから車だと4時間くらいかかるところに行き
2018 CDRA championship に出場させて頂きました!!!



ではまずは場所の紹介から




なんと16レーンとれます!!!!
ありえないくらい広い!!!
漕いでてめちゃめちゃ気持ちよかったです(^^)



さて私は 土曜日 ダブル1000m,クォード1000mと2000m
日曜日 クォード1000m
4本漕ぎました〜

東北大学として選手登録もして出させてもらいました!!!

まずここから日本から見たらありえないと思われますよね、こっちだとどうやら普通です(笑)
70超えたおじいちゃんが2日間で6レースとか出てましたもの



写真の通り艇が置いてある感じとかは日本と変わらないな〜って感じですが


正直びっくりするくらい当たり前と思ってることが当たり前じゃありませんでした


発艇20分前に岸けり
リギング靴位置しか動かさない
発艇台ない
ブイない
スタート直前にレンジの確認してくる

これだけいうと日本の方がいいな〜ってなりますよね


1日多い人は4レース近く出てる
グレードごと分かれているから、始めたばかりの人でも勝てる
MIX種目たくさんある
男子艇に女子cox、女子艇に男子coxふつうにいる
終わったらさっさと帰る
メダルのデザインおしゃれ
レース中のコールのテンション高い(人によりきり笑)
レース以外の時間はほんとにまったり過ごしてる
親子で一緒に来てレース出てる
土曜の夕飯はクラブのチームみんなで(Newcastle rowing club の方はそうだった)



などなど細かいこと書き始めたら同じスポーツでも、習慣とか雰囲気が全然違いました


私が特にいいなって思ったのは
グレードごとに分かれていることと
親子、姉妹で同じクラブチームにいてレースに出てること


ですね〜


日本だとボート初めて1年前後で辞めちゃう人多いじゃないですか
やっぱり勝てないから面白くないんだろうな〜
でもグレードごとに分かれてたらモチベーションもっと上がりそうなのに
って思ってて


私が夕飯一緒に食べた周りの席の人たちが
私の斜め前と二個横の人は親子
私の右斜め前と横の子は姉妹
ちなみに私の前に座ってる人がその子たちの母親
みたいな状況でした(笑)


お母さんは子供達の影響でボートを初めたそうです
10月に初めたそうなんですが、もちろんレースでてました!そして娘と当たってました!


なんか生活に根付いてる感じがあっていいな〜って思いました


さて日本との違いで云々思ってることを書いても書ききれないんで
話題飛びます



とにかくやっぱり私はボートという競技それ自体、それに関わってる人たち
全部ひっくるめて本当にいいスポーツだなと思いました

2000m一緒に漕いだ人たちなんですが

ストロークの子は、まさかの同い年かつボート歴5年目ということでずっと暇な時話してて
2番の方は先々週の土曜日一度乗ったことある方で、前回も今回も優しく受け入れてくれて
バウの方はチームキャプテンの方で、この方が私を受け入れてくれてなかったらレースなんてさせてもらえてませんでした



ダブル一緒に乗った子もほかのクォードで一緒に乗った方も、片言英語しか喋れないやつなのに本当に優しくしてもらいました




そしてシャツもいただきました!


私が逆の立場だったら日本で同じようにできただろうか、と思うと正直わかりません


私もほかの部員の人も、新しいこととかよくわからないものを受け入れるのに多少なりともめんどくささや抵抗を感じてしまっているのかなと思いました


まず受け入れてみて、トライしてみてっていう前向きな姿勢が最近の自分には欠けていたのかなと思いました


あとボートという競技自体すごくシンプルな動作、かつ他人と合わせることで艇が速く進むから


一度一緒に艇に乗るだけでぐっっっと距離を近づけられる素晴らしいスポーツだなって改めて感じました



あとなんだか部を離れて留学しても、週末ほぼボートをさせてもらえて嬉しいし凄く楽しかったです
自分は好きでボートをやってるんだよな、ってことを今更気付かされました


新たに経験した、ボートの楽しさ、日本のここはいいところだとか下の世代に伝えて、少しでも魅力を感じてもらいたいととても思いました


そしてみんなでもっとボート自体を探求して、楽しんで強くなりたい
なんてことも思います



なにが言いたいかというとこんなにも新しい経験を積ませてもらって、頭の中はぐっちゃぐちゃで
でもとにかくボートってすごく好きだと思ったから、新しく入る1年生にはしっかり魅力を伝えたいですね




今回本当に御手洗さんにはなんて感謝したらいいのか分からないほど、沢山の経験を積ませて頂きました。本当に有難うございます。



また、かなり行く前は罪悪感を抱えてたんですが堀内さんや松澤さん、小野さんからの言葉で自分の中でこっちでいろんなことを頑張ってみよう!と思えてたくさんの貴重な経験を積むことができました


自分が艇に乗ったりレースに出るためには、rowingクラブの方が受け入れて下さらなければ、またエントリーをして頂けなければこの経験はできませんでした



などなど本当にいろんな人のおかげでこんなにも貴重な経験をさせていただいたんだと思うと
本当に誰にも頭が上がりません


みなさん有難うございます。


ほんと幸せ者だな、とつくづく思います


と同時に帰国したら全力でやるぞ!新歓頑張るぞ!と思っております
同期のみんな忙しい時期に抜けちゃって本当にごめんなさいm(__)m
その分頑張ります!

みんなで新歓がんばってボート部にいい風吹き込ませたいから、誰もかけないでくれ、本当に



結局話はまとまらずぐちゃぐちゃなんですが、なんせ私の頭の中もぐちゃぐちゃなんで(笑)


とにかく頑張ります!


ということで締めさせてください(笑)



それでは長々とありがとうございました〜

モノローグ


腹筋プロジェクトが1ヶ月くらい続いたので、ブログを書きます。


戸田入りしてもうすぐ1ヶ月。

お花見まで時間がない。

ヤバいという言葉以外に今の危機感を表せない。

今時の大学生の語彙力の乏しさよ…


杠さんと西原さんの真似をしてノンフェザーに挑戦して3本で沈しかけた。

ビデオ前なのに毎回ブイパコ。

岸つけが未だにできない。

ハイレートがハイレートじゃない。

ああ、スタ練もやったことがない。

20キロメニューを18キロにしてもらっているのに、はたまた18キロは15キロにしてもらっているのに、それすら集中力も体力ももたないのはなにかの呪いでしょうか。

来年に先輩のような漕ぎができるとは到底思えない。毎回けっこうヘロヘロに疲れているんですが、まだ練習不足だと神はおっしゃるのでしょうか。

なかなかに厳しい現実。


おまけに大嫌いな花粉も飛びはじめ、命の危険も感じる。

お花見レガッタって、花粉症にしてはなかなか恐ろしいネーミングですよ。花より団子にしましょうよ。お団子見レガッタ。


なんかすっごいネガティブになりました。ダメだ、前向きにいきましょう。



この前練習ビデオ見てたら、

蹴り戻りがすごいね。
肩にすっごい力入ってるね。

と、色んな人に言われました。


基本的なことすぎて豆腐メンタル粉々ですが、改めて言われるとなるほど、確かに。

入れてから蹴るって考えながら漕いでみたがなんか自分めっちゃ不器用みたいだ。できぬ。

どうしたらいいんだろう。

新トレ期まで遡る。

初めてフェザーを返した日。オデッセイ。ひかりがバウだった。


バックスプラッシュ立てる練習したなあ…
そうだひかりバックスプラッシュ上手かったわ!
スプラッシュひかりって言ってたわ!!

よし!

バックスプラッシュ立てるか!!

と思ってこの前自分なりに工夫して直してみたらちょっっっっっとだけ良くなった気がしないでもなかった。



試行錯誤して失敗して、人にヒントももらいながら自分で考えて試して少し上手くなって、っていう過程は好きかもしれないと思いました。

こんなに微々たるステップでどれだけ成長するかは謎ですが、はたまたお花見やインカレに間に合うかと言われればもっと怪しいですが、これ以上退化することはないのであとは伸びるだけです。

と、なんとかポジティブっぽくまとめて終わります。

すごく長くなりましたね…

読んでいただきありがとうございました。
春合宿後半も、がんばりまっしょい。

おけちゃんのつぶやき特別号2(後編)



Hi! 皆川です

題名長くなりすぎた、内容は短くまとめて書いてみます!




さて、先週の土曜日のことはほぼお話ししたので、日曜日のことをメインに


日曜日はな、な、なんと御手洗さんとダブルに乗らせて頂きました!!
10kmほどだったんですが、あっという間だった、本当にとても楽しかった〜

しかも英語で全てのコールをやって頂いたので、なるほど!こう言うのか!というのがかなーり分かりました



さて新しい水域大好き人間な私なんで、紹介させてください


まずスタート地点はこちらの艇庫
ちなみに前の謎の銅像は、何やらボートで有名な人らしい...すみません、よくわからない


艇庫の中は一緒ですね〜

クラッチの先端と艇が擦れないように、しっかりとカバーが掛けてあるのいいな!って思いました


さてさてコースですが、御手洗さんのstravaというアプリの履歴を使わせていただきます。結構すごいアプリ!説明すると長いから帰ったら艇庫で紹介したい!



黒のマークみたいなところが艇庫です

まず最初そこから上の方に行くと

この川幅がどんどん狭くなって、途中から完全に市街地の中を抜けて行く感じです!
初の感覚!!

しかも横の木はマングローブです


あ、ガソリンスタンドだ、家だ、学校だ、工場だといった具合

そして橋がなかなかにスリリング(笑)


荒川とは比になりません...というのも


頭気をつけてって言われましたね、後ろ見ると本当に頭すれすれの高さの橋!
ここもまた下を通るってよりかは、くぐり抜ける感じで、とてつもなく新鮮!!

さてさて戻りまして


艇庫から下の方へ行くと




そして奥の橋を越えるともう海です!




初日はこっちの方にフォアできたんですけど、波かぶった時にしょっぱくて
海やんここー!!!!

と驚きましたが


漕いでたら波は全然ないけど、一瞬にしてうねりがでてきて


海やんここー!!!!



ってなりました(笑)



本当に新鮮で、でもうねりあるとかなり難しかったです

ちなみにその日トライアスロンのレースがあって



イージョって言われて振り返ったら

な、な、なんと




スイムをすぐ後ろでやってました!!!


艇上からトライアスロンのレース見ちゃいました、なかなかにラッキーでした(^^)
こんな経験ある人ほぼいないだろう(笑)



てなわけで新鮮さばかりのとても楽しい10kmでした(^^)

本当に御手洗さん有難うございます。


さて、他のことも書こうと思ったけど長くなりすぎるから先週の話はここで切ります



そして次のおけちゃんのつぶやきは、特別号最終版になります!



そして、な、な、なんと


4レース出場してまいります
しかも漕手で(笑)


体力がもつのか、レートについていけるのか2000mレース漕いだことないぞという不安はかなり大きいですが

現地の方とレースに出れるなんて機会は無いんで、この貴重な機会、全力で楽しんでいい経験を積みたいと思っています!!


それではこの辺で〜

ゆずちゃんのずくだせ日記 11

Hello!!!

とか皆川の真似してみました。笑
杠です。

かほちゃんすっかりオーストラリアでボートを満喫しているようでなによりです!!



最近艇庫ブログが活発になってきたのでそろそろ私もブログ書かないとな〜

毎日いろんなことを考えながら感じながら生活してはいますがブログにするのは難しいです。




もうお花見まで3週間になってしまいました。
3年生のシーズンを迎えるにあたって焦っています。
もっと速くなりたい。

どうしようもなく遅い。
全ての人が報われるわけではないのは分かっているけど1回くらい「勝った!」って思いたい。


もっとがむしゃらに頑張らないとな。




飛躍です!飛躍!

おけちゃんのつぶやき特別号2


Hi!! 皆川です

みなさん入試応援寒い中ほんとにお疲れ様ですm(__)m


生活にも慣れ、舟作、南波、里久、りょうじ、手島、かなとかれこれトータルしたら5時間くらい話せました


いろいろと思いを馳せてはいますが
第1にひさびさにみんなの声が聞けて嬉しかったですね〜



さてさて、先週のかめちゃんにも書きましたが今週は

「在豪OB訪問 part2」(前編)です!!


また今回も本当の本当の本当に貴重な経験をさせて頂き、なんて感謝したらいいのか分からないぐらい、もう本当に御手洗さん有難うございます。




今週末私は御手洗さんが住まれているところ、ニューキャッスルに行ってまいりました。

私の家がシドニーから少し離れたところにあることもあり、3時間半ほどの列車旅をしながら行きました
ちなみに車窓最高です、世界の車窓からでよく見るすごい風景が生で見られます!!笑



さて、ニューキャッスルに行った一番の目的は御手洗さんが所属しているクラブチームに伺わせていただくことでした




まず土曜日朝練6:30am
mixフォアのcoxに乗らせて頂きました


左から御手洗さん、kathryn、sally、私、Matt

結構うねり強めの海に出て行きました、まるでadventure



海でも漕ぐという概念に驚き!!!
その代わり艇は洗剤使ってしっかり洗うようです

coxとしてなにかcallをしたい、せっかくの機会だからしたいとかなり強く思ってたのに、緊張といい押しの弱さといいコミュニケーション力の無さといい、完全に撃沈しました


りょうじが電話で先輩と乗った時になにも言えなかった話言ってて、そんなこともあったよな〜懐かしいなとか思ってたのに
まさか3日後にこの思いをすることになるとは...


絶対海外でリベンジを果たしたいと思っています
悔しすぎる


でも一緒に乗った方はとってもフレンドリーで優しく、またクラブチームの他の方も話しかけてくださりとても嬉しかったです(^^)
もっと話してみたいなと思いました!!

スポーツって世界共通だからすごいな〜



前の記事にも書いてたけど、ボートをやってなかったらこんな経験できなかったから、本当にボート部員で、ボートやってて、すごくよかったなと常に感じてました



そしてそのあとは7:30amに艇をあげ、8:00amからのPark run にも参加しました!
艇庫がスタート地点でそこから5km走るというものなんですが、気づいたら艇庫の周りには400人くらいの人が!!


こんなイベントです、世界中で行われているようです!知りませんでした
https://www.parkrun.com/countries/



ちなみに走ってる人は様々
子供、大人、お年寄り、ペット連れ、さらにベビーカー押しながら走ってる人まで!!
しかも速い(笑)



オーストラリアの人の朝すっごくいいですね
普通土曜の朝なんて言ったら平日より遅くに起きてぐーだらTV見てって人が多いと思いますが(ボート部員は除く笑)

朝から親子でボートクラブきてそれぞれに漕いだり、家族でPark run したりいい休日の朝ですよね〜

そんな文化もこっちのニューキャッスルに来なければ気付けませんでした

来週の土曜日は自分のホームステイ先の近くでやってるPark run に行ってみようかと思ってます(笑)
その方が現地の文化味わえるしな〜



午後にはVineyards、ワイナリー、近くの動物園も案内して頂きました


これぞオーストラリアって文化をたくさん教えて頂きました!!


ちなみにここまできた所で、これこの後の話も書いてたら長くなりすぎると思ったので、この記事を前編にしました(笑)


さてボートの話に戻りまして

自分たちは"勝つこと"に全力で焦点を置いて今やっていますが
ボートってそういう面だけじゃないんだなって思いました


御手洗さんのクラブチームの方は大人になってから始めた方もたくさんいて
ボートが好きだから漕いでるっていうのがひしひしと伝わってきます
趣味なんですよね


日本だと学生時代全力でやってそこで終わり
ボートを趣味でやるってなかなか想像ができないです


けど海外に目を向けると違うんだな〜って思いました


一年のレース日程見せていただいたら、NSW州の中だけで6月以外、毎週どっかしらでレースがあるんですよね


楽しむにはレースしてなんぼって感じなんだろうな


あと御手洗さんにいろんなレースで獲ったメダルを見せて頂いたんですが


日本の型にはまったよく見る感じの絵柄ではなく
1つ1つのクラブチームごとで絵柄が違うんです!!!
とても魅力的だと思いませんか!?


集めたくなるじゃないですか(笑)


あと、rowingマラソンやリレーもあるらしくボートの楽しみ方ってただ直線2000mをまっすぐ進めることだけじゃないんだということもビックリしました


ボートに対する知らない世界がたった2日なのにすごく感じられました



この学生時代はひたすらに"勝利"を目指してやって、そのあと大人になってボートを楽しめる環境でまたいつかできたらとてもいいな〜と思いますね

御手洗さんを見ててかなりそう思います

あと気付いたことは、英語は文脈わかればどうにかなるかも、ってことですね(笑)


クラブチームの方に話しかけられたり、朝練後にボートの話を少ししたり、ホストマザーと話したりするのは、意外といける
授業はtopicがどんどん変わっていくせいもあって、いけない

あと人の話し方によりきり
って思いました(笑)


いろんな人の英語を聞いているうちに上達すると信じて過ごしていこうと思ってます


さて、後半編は写真多めのこんなところ漕いだ〜とかビックリした食事などを書きたいと思ってます

だいぶ長くなってしまいました、すみません

最後まで読んで頂きありがとうございます!

それでは!

おけちゃんのつぶやき特別号


Hello! 皆川です
どうもお久しぶりです皆さん

異国の地からこんばんはです

ブログとかLINEは全部見てるから、

のんちゃん腹筋始めたんだ〜
西原さん大丈夫かな...でも元気になったようだ!
咲良大変そうだよな...なんかよくわからんクッションもらえたようで嬉しそうやな(笑)
マネ人数少なくて大変なのかな...
mtg今やってるのか、大貴まじごめん
あれ、舟作の写真がなんか決まってる
またりくが送る南波の上裸かいな
だるますごー、てか集合写真がどんどん小さくなってるような...

などなどこっちにきたところでボート部のことはずっと思ってますね(笑)



一方こっちでは食生活に慣れれず、朝はシリアルのみ夜はパサパサ米のカレーばかり、そして気温は25度越え
言いたいこと言えないし、言ってること半分くらいしかわかんないし
これ5週間は果てしないな...


と最初二、三日は絶望してましたが
今は結構元気に楽しくやってます!!



前置き長かったですが、今回は特別バージョンです

今回は在仙OB訪問ならぬ
「在豪OB訪問」です!!!!



訪問というか、ただただお世話になっているという形なのですが...m(__)m


まずは御手洗さん、そして連絡を取って頂いた松澤さんにはなんと感謝していいのかわからないぐらい、本当に感謝しています。ありがとうございます。



まずは御手洗さんを紹介させて頂きます


2002年、2003年と対校エイトに乗っており、銅メダルを獲得された方です。今はオーストラリアのニューキャッスルというところで2年前くらいからお勤めになられているそうです。



今日実はなんとNSW州のchampionchipに連れて行ってもらいました。

去年の7月の"おけちゃんのつぶやき20"に海外のレース見てみたいな〜ってことを書いてて、その時は引退して社会人なって海外旅行の時に見れたらいいな
ぐらいに思ってたのに、まさか半年後に実現したなんて信じられないくらい嬉しいです、嬉しすぎます!!!!!



シドニーオリンピックの時のコースです、なんと10レーン!!
周りになんも人工物見えない!
戸田と大違い(笑)


練習水域もレースができそうなくらい広い!!


そしてレースの方はかなりハイレベルで見応えすごくて、とても楽しかったです(^ ^)


こんな大きなスクリーンがあるんですよ!
500,1000,1500,ゴールと速報タイムもすぐ出てくる

ちなみにこれはエイトの決勝で一位はSydney Universityの5:34です

かなり速い!!


さて日本に対して突っ込みを入れさせていただきましょう




これを見て何か気づくことはありませんか?


そうです!


表彰台平らじゃ無いやん(笑)




そしてさらによく見てください




二位のcox



女子じゃん!!!!


JARAさん海外基準取り入れる順番おかしく無いですか?ちょっとちょっと...
表彰台平らとか二の次でいいじゃ無いですか...


と強く思いましたね


とにかく初めての海外のレース会場もレース自体もとてもとても楽しかったです!!



あと東北の部員あてに御手洗さんからTシャツを頂いたので、ちゃんと戸田まで持ってきます!
本当にありがとうございます!



そしてちょっと先に世界遺産のブルーマウンテンがあったので、連れて行っていただきました



とても雄大で日本じゃ確実に見られないスケール!!と思いました




さて私はこっちにきて本当の本当の本当にボートをやっててよかった、ボートが好きでよかった、東北のボート部に入部してよかったと心から思っています


まず東北のボート部入ってなかったら御手洗さんには出会えてなくて、こんな貴重な経験をすることはできなかった。


ボートが大好きじゃなかったら、ボート場見てもレース観てもこれだけ心から楽しいとは思えなかっただろうな



さらにさらに現地の同じ大学の人と話してたら、まさかの高校の時ボート部だったことが判明して、意気投合
一緒にボート乗り行く約束までしました(笑)
これもボート部じゃなかったら仲良くなれなかった


などなど本当についてるな〜と思います

ボート部辞める人たしかに沢山いるけど、1つのこと好きになってのめり込んでると気付いたら凄くその恩恵を受けれるのかな?なんてことを思います


自分は幸せなことに今までにもう何回もボートやっててよかったって思うことがあるから、今すごくボートが好きなわけだけども


ボート部の友達の中で頑張ってて一切報われなかったって人は、私はまだみたことないし、ボートを最後まで続けた人で悪く言う人もまだあったことないし



話変わるけど、御手洗さんにボート部で得られた一番大きなものはなんですか?とお聞きしたら




聞かれるタイミングによって答えは変わると思うけど、今は ここでこうやって生かされてること自体、っておっしゃってて
異国の地でボートを通して仲間や日々の生活がとても充実していて
もしボートをやっていなかったら、ずっとネットをいじってるような生活になってたのかも

最後まで続けることに意味があると思う

とおっしゃっていました(ちょっとうまく文面で書けてないような気がする...)


とにかく辛くなった時休部とかそんなことするんじゃなくて、違う視点からボートを楽しんだらいいのに!
なーんてことを思ったり


てか日本もっとレース増やしてよ、数少ないレースに向けてひたすらにやるよりも、ちょっとボート自体楽しみたいんだけど
なんてことも思うようになりました(笑)


正直もっと大量にいろんなこと思ってるんですが、長すぎるから一旦切ります(笑)


実は来週もまた御手洗さんのお世話になります。次は御手洗さんが地元で所属しているボートクラブの練習に参加させていただけるとのことなので
またそのあとかめちゃん更新したいと思います!



本当の本当に御手洗さんありがとうございます。
長々とすみませんでした、読んでいただきありがとうございます!

戸田組応援してます!!!
それでは〜

モノローグ

本日は強風の中シングルで出艇しました。逆風とブイパコと腹切りへのやり場のない怒りを水上で吐き出してきました。まっすぐ進みたい。抜きあげ高くなりたい。奥でキャッチしたい。早くボートに慣れたい。七夕までにできなかったら、他の願いを犠牲にして短冊に書こう。


今週は、名古屋大学の皆さんと瀬田漕艇クラブの井上さんとの合同合宿でした。

主に東北大のアップやメニューを一緒にしていたのですが、練習や食事を共にする中で互いの違いを知ることもでき、勉強になりました。

まず、なんといっても漕ぎ方ですね。先輩やコーチからご指導いただいて目指している漕ぎと全く違っていて驚きました。

東北大はキャッチのときはストレッチャーに圧をかけて舟を動かすというイメージですが、名大はキャッチ前に加速して上体や腕も使って一気に引くそうです。


どちらかといえばエルゴや乗艇でやらないように注意してきた動作なので驚きましたが、速くなるにも方法は一つではないのだなあと思いました。


でも色んな方法を知った上で自分が納得している方をとことん突き詰めることも大切だと思います。私は東北大学の漕ぎ方に納得しているので、東北大学の目指す漕ぎに近づきたいと思います。




毎日腹筋プロジェクトをはじめて一週間経ちました。あんまりこういうの続かない人間なので女子部の先輩に監視してもらおうと思って貼り紙したら、このブログで世界中に拡散されてしまいましたね。

いったいどれだけの人に見守ってもらえるんでしょうか。
がんばろう。


読んでいただきありがとうございました。

腹筋プロジェクトが1ヶ月続いたら、またブログ書きます。


アーミー、研修に行く




本日は朝コースでクォド出しました

めっちゃ万歳

コースって真っ直ぐで素敵

漕ぎに集中できました



チームも漕ぎもバラバラな4人、まずはキャッチの立ち上げから合わせることにしました

でもいきなりキャッチ合ったりしない

一段前のセットから合わせることに

セットはキャッチの準備、フェザーを返したっぷり時間かけて放物線を描き奥に納めに行く

奥に落とすだけという方針は割と共通でよかった

奥で入れたら勝手に捕まる

とはいうものの上手くいったかなと自分で思えたのはラスト一周の600mくらいでした




午後はjissに行きました

ドーピングの講座とチーム作りみたいなワークをやりました


ドーピングの講座は知ってる知識ばかりでしたが、改めて大事さを認識しました

故意でもミスでも嵌められても、全ては自己責任

そして自分のみならずチーム、関係者、そして競技自体に恐ろしいほどの迷惑が掛かる


ドーピングでボートの知名度が上がって欲しくない

ボートの日本でのドーピング違反件数は今の所0です

守りたい



後半はチームについて、90分で考える講座でした


私は日ボの合宿に参加するとき、あくまでも東北大の選手の1人として、自分の力を高める意識で行ってました

日ボも日ボでチームであるという当たり前のことをちょっと忘れていました

クォドに乗っても自分のことばかりでボートを速く進める意識も足りなかった

コミュニケーションも雑談か情報収集のどちらかで、合宿の選手と信頼関係を築く必要は別に無いかなと思ってた

でもそれだと日ボのチームは強くならなくて、それはつまり日本のボート界のレベルが高まらないのです

正直日本代表になれるかも分からないのに日ボのチームのことを考えるなんて少し難しいのですが、でも新たな視点を持つきっかけにはなりました

あと、強いチームになるために必要なことは何か、みたいなディスカッションをしました

(今日は結構グループディスカッション多かった。考えたり意見出したり負担デカかったですけど頑張りました)


以下出た項目を皆にも紹介



経緯も紹介すると結構腑に落ちる項目が多いのですが、ちょっと今眠さがヤバみなので寝落ちます

明日頑張って書く

こういうのはその時そうだなぁと強く思っても忘れてしまうもの

だからきちんと文字に残したりすることが大事だということも教わった


明日まではなんとか覚えているでしょう


おやすみ!